鳥取・米子のカイロプラクティックはレア・カイロプラクティック

QRコード

http://lea-19.com

携帯からのモバイル会員登録はこちら!

日本カイロプラクターズ協会

東京カレッジオブカイロプラクティック

日本カイロプラクティック登録機構

日本統合医療学会

院長ブログ

院長ブログ

股関節・脚の症状

 20代女性 股関節の痛み

 カテゴリー:股関節痛

 20代女性が1週間前から始まった股関節の痛みを訴えて来院された。股関節の痛みは徐々に悪化してきてお り日常生活に支障があるので不安になり、ホームページをみてレア・カイロプラクティックに来院された。

 初診時の状態

 ・ 痛みは左大腿骨大転子付近に鈍痛を常に感じる
 ・ 正座を崩した状態から立ち上がるときに左股関節に鋭い痛みを感じる
 ・ 10カ月の赤ちゃんを抱っこして横揺らしをしていると痛みが強くなる
 ・ 子供のころから正座の崩した状態(左股関節を内旋、右股関節を外旋)で座る癖がある
 ・ 左中殿筋と左大腿筋膜張筋に力が入りにくい
 ・ 左仙腸関節に機能低下と左股関節に外旋制限がみられた

 

 施術後の経過

 1回目の施術後は、左中殿筋と左大腿筋膜張筋の力が入りやすくなり正座の崩した状態から立ち上がるとき に感じる鋭い痛みは改善。左大腿骨大転子付近の鈍痛は少し残った。正座の崩した状態で座ることを避けて もらうように伝え施術を終了。
 2回目の施術後は、股関節の鈍痛や違和感はなくなった
 3回目は経過観察のため1週間あけて来院されたが2回目の施術以降、股関節の痛みは1度も感じなかったと いう。
 その後はメンテナンスに移行。

 院長のコメント

 産後骨盤が不安定なときに不良姿勢で授乳をしたり、骨盤や股関節に負担がかかりやすい座り方をすると仙 腸関節や股関節に機能低下がおこりやすくなります。今回の症例は、産後骨盤が不安定な時に仙腸関節や 股関節に負担がかかりやすい座り方を続けていたため左股関節に痛みがでてきたものと思われます。

 産前産後の腰痛や股関節の痛みでお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

 40男性 殿部の重だるさ、足の痛み痺れ

 カテゴリー:股関節、脚の症状

 3ヵ月前から左右の殿部に重だるさを感じ始め、1ヵ月前からは大腿外側に痛みや痺れを感じるようになってき た。整形外科を受診して椎間板ヘルニアと診断を受けた。牽引療法をし、湿布薬をもらって貼っていたが効果 はなく、徐々に悪化してきているので不安になりレア・カイロプラクティックに来院した。

 初診時の状態

 ・ 3ヵ月前から左右の殿部に違和感がある
 ・ 1ヵ月前からは左右大腿外側に痺れるような感じの痛み常に感じるようになった
 ・ 咳やくしゃみで症状は誘発されない
 ・ 朝は比較的楽だが、夕方から夜にかけて悪化する傾向がある
 ・ お風呂で十分温まると一時的に楽になる
 ・ 屈伸をするとモモの内側に力が入りにくくなり症状が悪化
 ・ 腰はどの方向に動かしても痛みの変化はなし
 ・ 左右の殿部に圧迫を加えると症状の誘発
 ・ 左右の内転筋に筋力低下がみられた

 

 施術後の経過

 1回目の施術後は、殿部の重だるさは少し残ったが6~7割軽減した。内転筋の筋力低下は改善し、屈伸した 時の殿部痛は消失した。 2回目は4日後に来院。1回目の施術後2日間は殿部に少し違和感があったが3日 目から違和感は消失したという。 3回目に来院されたときは1週間様子を見たが症状がまったく出なかったの でメンテナンスに移行。

 院長のコメント

 この方の場合、腰をどの方向に動かしても殿部の痺れは出てきませんでした。咳やくしゃみなどでも痛みは誘 発されず、朝に腰痛や痺れを強く感じることがないようなので椎間板ヘルニアである可能性は低いと考えまし た。左右内転筋の筋力低下があり、拮抗筋である中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋に過剰に負担がかかりや すい状態になっているのでは・・・・ と疑い施術を行っていきました。また、それと同時に仙腸関節や腰椎、全 身のバランスを整えていったことも早期回復につながったと思います。同じような症状で、お困りの方がいまし たら気軽にご相談ください。

 

 

こんな症状でお困りの方に

  • 頭・首の症状
  • 肩の症状
  • 腕・肘・手の症状
  • 腰の症状
  • 股関節・脚の症状
  • 産前産後の症状
  • 女性特有の症状
  • スポーツ障害