鳥取・米子のカイロプラクティックはレア・カイロプラクティック

QRコード

http://lea-19.com

携帯からのモバイル会員登録はこちら!

日本カイロプラクターズ協会

東京カレッジオブカイロプラクティック

日本カイロプラクティック登録機構

日本統合医療学会

院長ブログ

院長ブログ

肩・首の症状

30代男性 慢性的な肩凝りと首の痛み

 カテゴリ:肩こり、首の痛み

 12~3年前から、首から肩にかけての凝りがあった。ここ最近は、仕事も忙しく症状はひどくなってきており、 特にひどい時には頭痛まで出るようになったという。マッサージに行くと少しは楽になるが、すぐに元の状態に 戻ってしまう。症状はひどくなっており、頭痛まで出てきているので不安に感じていたところ、知人にレア・カイ ロプラクティックを勧められたので来院された。

 初診時の状態

 施術後の経過

 初回の施術後、首の可動域が増え、首を横に倒したときに出る張り感は改善した
 肩の凝り感は、6~7割軽減したという。姿勢指導を行い、長時間PC作業をする時の注意点を説明
 2回目の施術後、肩の凝り感は、ほぼ消失。職場や自宅で出来るエクササイズをしてもらうことにした
 3回目の来院時、肩こり、首の痛みは気にならないまで改善。1回目の施術以降、頭痛は1回も起こっていな い
 4回目の来院前の1週間は、かなり忙しく1日10時間以上のPC作業を行った。少し肩の張り感が出てきたが 、エクササイズをしたら楽になったという。その後は、2~3週に1回のペースのメンテナンスに移行

 院長のコメント

 頭の重さは成人で約5Kgと言われています。
 首に正常な前弯のカーブがあれば、関節の構造で頭の重さを力学的に分散し効率よくバランスを保つことが出 来ます。首の前弯のカーブが減少したり、背中の丸まりが強くなると、顎を前に突き出すような姿勢になり、首 や肩の筋肉の負担が増します。また、長時間のPC作業やデスクワークによって不良姿勢が続くと肩周りの筋 肉が血行不良の状態になり、凝りやすくなります。
 首や肩に症状がある場合でも、その前段階としては背骨に問題があることがあります。今回の症例の方は、 そのような所に注目し施術を行いました。
 積極的に自宅や職場で、エクササイズを行ったりPC作業中の姿勢を改善してくださったことも早期改善につな がったと考えられる。
 なかなか改善されない肩凝りや首の痛みでお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 30女性 胸の痛み、肩こり

 カテゴリー:胸の痛み、背中の痛み

 30代女性が3週間前から胸の痛みを感じ始めたと訴えて来院した。ここ2~3日は悪化傾向にあり呼吸をしてい ても痛みを感じるようになってきたという。10年前から時々同じような症状が出ることがあったが今回のような 強い痛みは初めてである。以前に病院で精密検査を受けたことがあるが何も問題がないと言われたので、他 の方法で何とかならないかと考えインターネットで検索してレア・カイロプラクティックに来院した。

 初診時の状態

 

 施術後の経過

 1回目の施術後は、胸を張ったり身体を捻じったり大きく息を吸っても胸の痛みを感じなくなったが鎖骨下の圧 痛と腕を動かしたときに出る胸の痛みは少し残った。2回目の施術後には、腕を動かしたときに出る胸の痛み は消失。鎖骨下の違和感もなくなった。3回目は1週間後に来院されたが、その間に胸の痛みは1度も感じな かったという。その後は、メンテナンスで月に1~2回来院されるが胸の痛みは出ていない。 

 院長のコメント

 この方の場合、慢性的な不良姿勢によって背中の丸まりが強くなり、胸郭や胸鎖関節の動きが制限されたこ とが原因だったと考えられます。背中の丸まりが強くなると胸郭の広がりが悪くなります。胸郭の広がりが悪く なってくると肋骨と肋骨の間にある肋間筋という筋肉の働きが悪くなり呼吸がしにくくなってしまいます。肋骨と 胸の前にある胸骨はつながっているので、背中の丸まりが強くなり肋骨の動きが制限され、肋骨と胸骨がつ ながっているところに痛みが出てきたと考えられます。それに加えて胸鎖関節の動きも制限されていたので腕 を動かしたときに胸の痛みが出てきたと思われます。胸椎を矯正しただけで、胸の痛みはかなり軽減し呼吸を しても痛みは出なくなりました。腕を動かしたときの痛みは少し残っていましたが、胸鎖関節を調整したら痛み は消失しました。セルフケアとして胸郭を開くストレッチをし、正しい姿勢を保てるように努力してもらいました。 長時間のデスクワークや椅子に座っての細かい作業では背中が丸まりやすく肩こりや胸の痛みが出やすい状 態になります。長時間座る必要があっても定期的に立ち上がって胸郭を広げたりストレッチをしたり、身体を動 かすことをお勧めします。そうすれば、このような症状を出にくくすることが出来ると思います。

 

 

こんな症状でお困りの方に

  • 頭・首の症状
  • 肩の症状
  • 腕・肘・手の症状
  • 腰の症状
  • 股関節・脚の症状
  • 産前産後の症状
  • 女性特有の症状
  • スポーツ障害